家づくり知識
2022. 03/10 [ Thu ]

建売住宅を考えるなら必見!コストを重視しすぎると失うかもしれない、温かく快適な暮らしとは?

※普段はマスクを着用しております。

 

現代では、ほとんどが温かく暮らしやすい家だと考えていませんか?特に建売住宅選びでは、温かさよりも、手の届きやすさや色んな機能がついてくることを重視する方が多いかもしれません。

しかし、建売住宅の中には、家族がゆったりできるスペースが足りなかったり、冬場はどうしても寒い家もあります。手の届きやすい価格でも、温かさや暮らしやすさが損なわれてしまっては、本当に豊かな暮らしとは言えませんよね。

 

そこで今回は、温かくて快適な家を目指している白岩工務店の社長に、どんな家が暮らしやすいのかを聞きました!

 

Qほかの建売に比べて、白岩工務店の建売住宅が高く思われるのはなぜ?

白岩工務店の建売住宅は、温かさを保ち、家族がゆったりと快適に過ごせることを追求しています。温かさを保つことで光熱費が抑えられるので、長い目で見ると実は高くないんです。

さらに、暮らしやすい最適な間取りで建てているので、コスト以上の満足感を味わうことができるはずです!

 


一般的なローコスト住宅は、大体98,99平米で30坪ないぐらいの広さが多いですが、白岩工務店の建売住宅は、4~5人家族を想定して32~35坪の広さで建てています。

私たちは、4人家族がゆったり過ごすためには、32~35坪が必要だと考えています。「たった2,3坪の違いでしょ?」と思われがちですが、3坪で約6畳のお部屋一つ分ぐらいの差があります。LDKの他に客間としての和室をつくったり、広々リビングにしたりと快適性がぐんと上がります。

Q2,3坪の違いだけで、コストが大きく上がるのでしょうか?

単純な広さだけの問題ではありません。
建築基本法に基づき、100平米を超える木造住宅は、工事がきちんと行われているかを確認する中間検査を受ける必要があります。裏を返せば、100平米より小さい場合は、中間検査を省略できるということです。

98,99平米で30坪ないぐらいの建売住宅は、費用のかかる中間検査を省略してコストカットしている場合もあるんです。

 

Q中間検査ってそんなに重要なのですか?

中間検査が無ければ、第三者目線からきちんと確認する人がいないということ。つまり、安い素材を使っていても分からないということです。

白岩工務店では、検査の有無でコストカットをせず、素材や構造にこだわった温かくて快適な家づくりをしています。

 

Q温かい家って具体的に何がいいの?

白河市は風が強く、本当に寒さが厳しいですよね。白岩工務店では、そんな白河の気候に合わせて、冬の寒さをしのぐ断熱性のしっかりした家をつくっています。もちろん、那須塩原市にある建売住宅も寒冷地対応で施工しています。

白岩工務店で採用しているアクアフォームという断熱材は、液体状態のものを現場で膨らませて使用します。形状に合わせて隙間をぴったりと埋めてくれるので、熱が逃げにくく部屋の温度を温かいまま保ってくれるのです。

それでも寒いというお客様には、ダウンジャケットをプレゼントします(笑)

 

Q他の家に比べて、どれくらい温かいのですか?

例えば、隙間から風が入ると底冷えが気になる冬場のキッチンですが、白岩工務店の断熱仕様は、従来の断熱仕様に比べて、暖房を止めてから1時間後に約5度以上高い温度を保っていました。

さらに、冬に温度が低くなりがちな浴室も、従来の断熱仕様に比べて、約5.5℃高い数値に。気温の変化によるヒートショックの予防にもなります。

 

(画像出典:https://www.n-aqua.jp/library/data/

 

Qしかし、断熱性が高い家は結露が起きやすいと聞いたことがあります…

高気密・高断熱だと結露を気にされるお客様も多いですよね。白岩工務店では、外壁に通気性のある素材を使うことで、万が一断熱材に湿気がこもったときも、外壁から湿気を飛ばしてくれます。
結露がないとカビも生えにくいので、アレルギー持ちのお子様も安心ですよ。

 

Qなるほど。ほかに家族の健康を守るための工夫はありますか?

建築材や接着剤に含まれる化学物質が、シックハウス症候群など健康に影響を及ぼすことがあると指摘されています。白岩工務店では、化学物質を極力少なくして身体への優しさにも配慮しています。

さらに、白岩工務店の建売住宅は全棟1階のリビングに無垢のフローリングを使用しています。調質効果や優しい木の温もりで、心地よく過ごせるのが魅力です。

建売住宅で無垢材を使っているのは珍しいかもしれませんね。家族の成長とともに、自然素材の経年変化も楽しめますよ。

 

Q温かく暮らしやすい家で、かつコストも抑えることはできるのですか?

一般的な建売はガスを使うことで初期投資を抑えているところも多いのですが、白岩工務店では、ほぼオール電化にすることでランニングコストを抑えています。

また、白岩工務店は自社で施工・販売をしているので、仲介手数料などの余計なコストがかかりません。
自社施工は、信頼できる職人が一棟一棟丁寧に施工しているので、一定の高い品質を保つことができるのも強みです。

 

Q温かさや快適性を重視した家づくりができるのは嬉しいですね。それに地域密着型だと、長いお付き合いができそうですね!

もちろん、お家を建てた後も全力でサポートさせていただきます。アフターフォローは何年とかではなく、一生です!

扉がちょっときついなどの不具合は無料で対応いたします。伸びてきた木の枝切りをお願いされたこともありますよ(笑)定年後の夫婦2人暮らしで、頼れる人が近くにいないこともありますよね。白岩工務店は、地域の皆様が頼れるパートナーになりたいと思っています。

 

温かくて暮らしやすい家を建てるなら、白岩工務店にお任せください!

コストは判断材料としては分かりやすいですが、それだけで判断するのではなく、温かさや暮らしやすさにも注目することが大切です。
分からないことや気になることがあったら、ぜひ私たちに相談してください!

もちろん、注文住宅のご相談もお待ちしています。